8/31週のドル円はαサイクルボトムからのロング狙い|独自サイクル理論

サイクル理論から見た今週のFXトレード注目ポイントは?

今週の短期的な視点から見たトレード戦略は「αサイクルボトムからのロング狙い」を検討しています。

それでは今週も「はじめてのFX」中級者向けサイクル理論によるドル円のトレード戦略をお伝えします。

先週からの振り返り

先週は、戦略は2択ありチャレンジするなら次のボトムをまってのロング。

固くいくなら、もう少し待ってTOPを付けてからのショートとお伝えしました。

結果的に最初のロングは15~20pips、そのあとのショートは、20~30pipsは取れたのではないでしょうか。

111

ただ先週のトレードは結果的にかなり難易度の高い相場環境だったため無理にトレードせず「お休み」という判断もあったかもしれません。

  • そもそも、かなり狭いレンジ相場中でのトレードだった。
  • 4時間αサイクルのボトムがこの記事を出すタイミングではすでに来てしまっていた。
  • 次のトップも見極めがも難しくショートの入る位置も難しかった。

トレードしにくい相場環境では「しっかり休む判断ができる」というのも大切なトレードスキルですね。

4時間足αサイクル

それでは、いつもの通り4時間足αサイクルから見ていきます。

現在の起点は8月16日の20時の足、レートでいいますと109.113円からスタートしてると見ています。

従って現在は68本目と捉えています。

αサイクルは60本から80本前後でサイクルのボトムをつけるのでトップの位置が現在55本目の110.266円という形になります。

従って、現時点では起点を割り込まないライトトランスレーションになるとみています。

つまりこのサイクルの起点である109.13円を割らない形でボトムもつけてくるのがセオリーです。

先ほど言った「今週のトレード戦略とは」このボトムをつけたところからのロングを狙うトレードを考えたいと思っています。

日足メジャーサイクル

続いて日足メジャーサイクルをお伝えします。

現在のメジャーサイクルの起点は8月4日に108.722円でボトムもつけていると捉えています。

従って現在が20本目という形になります。

日足メジャーサイクルは、35日から45日前後でひとつのサイクルを形成します。

現在トップの110.800円は6本目に相当し、このメジャーサイクル35日から45日のかなり前半でトップをつけています。

これは、起点を割り込むというセオリーを持つレフトトランスレーションの形なので、この後110.800円のこのトップを上に抜けない限りは、起点の108.722円を割り込む可能性が高いとみています。

つまり今週から数週間前後の戦略はした目線

メジャーサイクルは、ボトムまであと残り15日から20日25日ぐらいの期間を残していますが、今の起点を割るであろうレフトトランスレーションの形が継続するのであれば、ここから下落トレンドの波が継続していくと捉えています。

従って日足を基にした今から数週間前後の戦略は、次のアルファサイクルのトップからのショート狙いという形で見ております。

終わりに

このサイクル理論は中級者向けとは言っていますが、初心者の方でも十分にトレードの強力な武器になります。

ぜひ、みなさまもチャレンジしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。また来週お会いしましょう。

この動画がいいと思ったら「チャンネル登録」「高評価」よろしくお願いします!

過去動画は「はじめてのFX」Youtubeチャンネルをぜひご覧ください!

今週のドル円/サイクル理論による本数
・4H:68本でボトムゾーン
・日足:20本でほぼセンターゾーン
・週足:35本 or5本のどちらか

※スタートゾーン:起点からスタートしたばかりのゾーン。
※センターゾーン:天井を付けやすいゾーン。
※TOPゾーン:天井をRTまたはLTで付けやすいゾーン。
※ボトムゾーン:底を付けやすいゾーン。

※RT:ライトトランスレーション(センターより右でTOP)
※LT:レフトランスレーション(センターより左でTOP)

Twitter

@hajimeteno_FX

コメントを残す

※メールアドレスは公開されません